私たち、電通ヤング&ルビカムについて。 about dentsu young & rubicam.

型破りな発想(Resist the Usual)がわたしたちの商品です

電通ヤング&ルビカムは、1981年に世界をリードする2つのコミュニケーショングループである、電通とヤング&ルビカムから生まれたユニークなジョイントベンチャーです。日本と欧米の異文化の双方向の頭脳を持つことで、クライアント及びブランドのパートナーとして、様々なソリューションをグローバルベースで提供することが可能です。

私たちの企業哲学は「Resist the Usual=型破りな発想を。」

戦略においては、一般常識や思い込みにとらわれることなく、「今」の生活者の、ブランドに対する気持ち・行動を変えるための「リアルな」ストーリーを生み出します。

メディアに関しても、従来の枠にとらわれない「メディアニュートラル」に立脚し、表面的なトレンドに流されない、真に生活者とブランドをつなぐ統合コミュニケーションを開発します。

さらに「国内」「海外」のボーダーを超えたリソースを活かすことで「日本市場での成功を目指す外資系クライアントのサポート」はもちろん、より難易度の高い「海外市場で新たな活路を目指す日本企業のサポート」にアグレッシブに取り組んでいます。

Our motto is “Resist the Usual”.
That is what we do.

Founded in 1981, Dentsu Young & Rubicam is a unique joint-venture of two leading global communications groups, Dentsu and Young & Rubicam. Working as partners, our cross-cultural pedigree of Japan and the West allows us to provide innovative solutions to our clients and brands both in Japan and globally.

We free ourselves from preconceived ideas in developing strategies. We produce work with “today’s realism”, in order to change emotions, attitudes and behavior toward brands.

We are “media neutral”, free from conventional frameworks in media. We develop integrated plans to truly connect people and brands, without being influenced by superficial fads and passing trends.

Furthermore, we utilize resources beyond the preconceived boundaries of “domestic” and “overseas”. With this perspective, we are not only able to support foreign clients aiming for success in the Japanese market, but also to support Japanese companies looking for new opportunities in overseas markets – a bigger challenge, but one that we enjoy.