BAV(BrandAsset® Valuator)について。About BAV

BrandAsset® Valuator - The Tool Behind the Experts

BrandAsset® Valuator –
世界最大のブランドデータベース

BrandAsset® Valuator (略称BAV) は、消費者調査に基づく世界最大のブランドデータベースです。世界規模のブランドスタディの先駆けとして1993年に開発されて以降、BAVは世界のブルーチップ・カンパニーに活用されています。また、デヴィッド・アーカー教授やケビン・ケラー教授を始めとする世界のブランド権威からも賞賛されるブランディングモデルです。

BrandAsset® Valuator –
The World’s Largest Brand Database

BrandAsset® Valuator (BAV) is the world’s largest brand database created by consumer survey. Since it was developed as a pioneering global brand study in 1993, BAV has been utilized by blue-chip companies around the world and praised by the world’s brand authorities such as Professor David Aaker and Professor Kevin Keller.

BAVは、ブランドの健康状態を診断し、成長・発展のための処方箋を提供します。
BAVの特長は以下の通り:

  1. グローバル視点BAVは50カ国以上の国で調査しているため、国間比較が可能です。
  2. 時系列視点BAVは1993年の開発以降定期的に調査しているため、時系列比較が可能です。
  3. カテゴリを越えた視点BAVはカテゴリの枠を超えて調査しているため、ブランドのより真の力を把握できます。
  4. 将来の成長性視点BAVは、ブランドの現状だけでなく、今後の成長性を把握できます。
  5. 財務パフォーマンス視点BAVは、無形資産や株価、利益率など財務指標との関係が認められています。

Dentsu Y&Rは、日本におけるBAVのオフィシャルプロバイダーです。BAVに基づくブランディングのための様々なサービスを国内外の企業に提供しています。

BAV diagnoses a brand’s health and provides a prescription for its growth.
Following are key features of BAV:

  1. Global perspectiveBAV has conducted surveys in more than 50 countries.
  2. Time-series perspectiveBAV has periodically conducted surveys since its development in 1993.
  3. Category-free perspectiveBAV surveys and diagnoses a brand beyond its own category.
  4. Future perspectiveBAV grasps future growth potential, not just current status.
  5. Financial perspectiveBAV is related to financial indices such as intangible assets, share price and profitability ratios.

Dentsu Y&R, an official provider of BAV, exclusively provides various services for successful branding to both domestic and international clients here in Japan.


消費者価値観分析モデル - 4Cs (Cross-Cultural Consumer Characterizations)

BrandAsset® Valuator - The Tool Behind the Experts

消費者価値観分析モデル4Cs(フォー・シーズ)は、米国ヤング・アンド・ルビカム社が開発した、消費者を国籍や社会属性に関係なく価値観により7つのセグメントに分類するという万国共通の消費者分析モデルです。これに基づき、ヤング・アンド・ルビカムグループでは、世界50カ国以上で一般生活者を対象に定期的に消費者調査を実施しています。

4Cs (Cross Cultural Consumer Characterization), developed by Young and Rubicam in the US, is a consumer segmentation that characterizes people, regardless of nationality and socio-demographics, into seven recognizable stereotypes that reflect the operation of each of a set of human motivations, goals and values. We, a group of companies of Young and Rubicam, have been conducting consumer surveys on a regular basis in more than 50 countries in the world.


BAVに関するお問い合わせはこちら/For any inquiries about BAV, please contact us.